Tomorrow is another day...

MMOのプレイ日記をチョ〜不定期に更新しております。
数ヶ月前の日記が更新されることも良くありますが、なまあったか〜い目で見てやって下さい。

Information

AIONブログはこっちNANO。
(2010.03.04 Thursday 13:49)

約一年半の時を経て…

ゲームブログでも更新してみようかなとふと思い立ちまして。
気分が乗ったときと乗らないときとでこのブログの更新頻度が激しく変わるという、なんともいただけない状況ではございますが、また時間の合間をぬって、更新していこっかなぁなんて思ってみたり、みなかったり。この気分のムラが激しいこの性格、なんとかならんかな[:イタタ:]

ま、そんなことはオイトイテ。[:ハハ:]

このブログもかなりホコリかぶっちゃってるだろうし、一気に模様替えから始めるか!なんて思ったりもしましたが、これでも結構多忙な日々を送っている身でして、休日出勤も毎度のことで…って何を言い訳してるんだろうか私は。ま、とにかくぶっちゃけテンプレートのデザインを考えてるヨユーがないというのが本音です。なのでこのOMEGA*BOXさんのテンプレをもうしばらく使わせて頂こ〜っと♪

前置き長いな、っていうか久しくブログ自体書いてないのでどういう風にかいたらいいかすらわからない、画像もどんな風にアップロードしてたかすら思い出せないダメダメっぷりですが、ふとたどり着いて見てしまわれたアナタ。またしばらくおつきあい下さいませヨ。



ってなわけで、今日から新しいゲームの始まりでございます。
あ、その前にこのゲームの前に何やってたかのおさらいでもしておこう、自分へのメモとして…。

2007年の10月頃からSecretOnlineをやってましたが、このSecretOnline、残念なことに開発元と日本運営との契約がうまくいかなかったということで、オープンβの途中でおしまいに。シクシク。

夕陽にあたってなんだかしんみりしてしまうような光景?
20061112-03.jpg

SS撮りまくって、未公開記事も10件以上あるのに…。って未公開記事が多すぎなのよね、私ってば。その日の出来事はその日のウチに!がラクなのに…溜まっていくSS、そして私の記憶はそれと反比例するかのように飛んでいくのでありました(ようはSSだけあるけど何があったか覚えてないっていうお粗末な結果に)。

んで、SecretOnlineをやっていたけれども、それとも同時進行みたいな状態でShaiyaもやっておりました。A3時代の一部の団の人たちと一緒に、私自身は2008年の春頃までやってた感じだったかな?他のメンバーはその後もやってたみたいだし、今でもやってる人がいるみたいです。

これはクローズβ中のSSかもしれない…ギルドのみんなと狩りに行った時の一枚。

20061024-01.jpg


みんなとゲームしてるのは楽しかったのですが、今だから言いますがShaiyaはゲームシステム、グラフィック共にマッタク興味が持てずに終わりました^^;むしろすっごい苦手なゲームでした。
選んだのが闇だったからなのかなぁ、でも光のグラフィックも受け付けなかったな…。「じゃあなんでやってたの?」っていわれると言葉に詰まっちゃう部分がありますけれども。ゴメンナサイゴメンナサイ。
どちらかというと、アークロードから流れていったメンバーの「コミュニケーションがとれる場所」が一時的でもあればいいなと思って、みんながやろうと言っていたそのShaiyaで、ギルドだけ作っておいて落ち着いたらみんな思い思いの場所を見つけていくだろう、という気持ちもあったので。その願い通り、みんなは思い思いの場所を見つけて旅立っていったと思うので、私もShaiyaはオシマイにしました。ハイ。

その後はちょうどリアルのほうで仕事の環境が変わったというのもあって、ずーっと仕事ばっかりしてました。ゲームとかほとんどするヒマもなく。とにかく仕事が楽しかったのもあるし、プライベートはいろんな意味で多忙な感じだったので、ちょっと遠ざかってました。(できればそのまま行っていれば健全な生活が送れたかも?とは思うけど、今思えばそのまま進んでいったら私は仕事やプライベートの多忙で絶対精神崩壊してたような気もする…)

んで、去年2008年の冬くらいから、アトランティカをちょろっとやっておりました。ここではA3のFreiheitのメンバーも来てくれたり、同じくA3のSLメンバーも様子をちらっとみに来てくれたりしてました。でも基本的にはマキニクとのペアプレイみたいなかんじでまったりのんびりと、それこそ「ゲーム自体を楽しむ」感じでやってました。

でもLv100超えた。ハハハ。[:フッ:]

アトランティカをやっていたときもちょこっとゲームブログを書きたいなぁって、コマメにSSは撮っていたのですよ。でもやっぱり仕事で疲れて帰宅して、製造放置していたキャラをチェックして、ちょっとクエして寝てっていう生活だったので(なんという不健康な生活w)、ブログを書く余力はまったくなかったのでございます。はい。ま、せっかくなのでアトランティカのSSをちょろっとね。

白虎かっちょいいよ。
20090429-01.jpg


世界中にいた、実在する歴史上の人物から、想像上(もしくは物語)の人物に至るまで、様々な人々がNPCとなってクエストをくれます。これはお気に入りのかわいい桃タロウ♪w
20090215-01.jpg

グラフィックも結構好きだったし、音楽もかなり私のツボにハマっていてすごくお気に入りでした。なによりクエストがとっても凝っていて自然とその世界観に入り込める雰囲気が好きでした♪

んでも、良くある話ですがアトランティカも課金オンラインみたいな雰囲気になってきたので徐々にINもしなくなり…。運営が寝糞じゃなかったらきっともっと続ける気持ちはあったかと思われ。…でももしかしたら、アトランティカというゲーム自体は気に入ってるからたまにはINすることもあるかもです。これからはアメリカ大陸を踏破しないとならないし(やる気満々じゃないかYO)。

んでやっとこさ本日7月7日。

2年前から目を付けていた?AIONがようやくオープンβを迎えたわけでございます。完美をやって空を飛ぶゲームに触れたけど、その直後にAIONが韓国で発表されて、グラとかこっちのほうが好みだワー♪って楽しみにしてたけどまさか2年もかかるとは思ってなくてちょっと忘れかけておりましたw
でも日本でのサービス決定のニュースから、ちらほらとニュースはチェックしつつ、もちろんクローズβも申し込みましたが見事に落選。ちぇっ。
そんなこんなで、オープンβを心待ちにしていたのでありました。←さっきゲームから離れていた方が健全だったとか書いてなかったか?

天族のような、ありきたりのグラよりも、なんだか妖艶な感じがする魔族を迷わずチョイスいたしました。サーバーはホントに色々迷ったのだけど、無難な感じのしたトリ…なんだっけ、トリニトロン?違うな。トリなんとかって鯖にしました!(無難とかいう以前に覚えてすらいないじゃんか、というツッコミが来そうです)

んでラッキーなことに「由奈」という名前がとれちゃったので(とれちゃった?)、これでやることにしました。

おねえさまスタイルで。声もいろっぺーです。もちろん中の人はこんなキレイな容姿からはほど遠いのは言うまでもありません。ぺっぺっ。
20090707-01.jpg

完美のように、顔の細かいパーツから体型まで、ホントに細部に渡って自分語のみのキャラを作れます。しかし最初に作るときは若干「名前がとれるかどうか」に重きを置いているので(クダラネーと思う自分でもw)、適当なところで妥協しました。あとで外見変更券絶対出るだろうからそれで変えよう…。

というわけでこんなかんじのキャラでございます。職業はウィザードにしました。ホントはハンター系(弓)の、ソロでもちまちま出来るのがイイナって思ったけど、たまにはPTしたいし、そんなときに「イラナイ子」って言われるのはショックなので、オレツエーできそうな職業にしてみました。←なんか認識が微妙に間違ってる気がします。

ここまで書いてすでに疲れてしまったので今日はここまで。
The Tower of AION > Daily | comments (0) | trackbacks (0) | edit

【SO】 Secret Online。

10/31よりオープンβテストが始まった「シークレットオンライン」。
よんがめ(4gamer.net)でそのニュースをみたのですが、正直こういう
カワイイ系のMMOには今まで興味がなく、今回もそのままSSをさらっとみて
スルーするはずでした。

でも、一枚だけちょっと惹かれるSSが。(画像へのURLはひかえときます)
なんかかわいいんです。

…ちょっとだけやってみようかなぁ?[:ハハ:]

そう思い立って始めちゃいました。
さっそく会員登録して、クライアントDLして、スタートして。

んで、その惹かれたSSの種族であるハピスというものを選んで、ちょこちょこ
髪型や顔や耳とかを変えて作成。オープンβが始まったばかりというのもあって
由奈という名前も取れました。らっきぃ[:m001:]

ってことで、由奈ができあがりました!


由奈「由奈っていいます。どぞヨロシクなのです」

20061101-01.jpg

どっからどうみても男の子。

ま、まぁ…この種族男性女性の区別ないって書いてあったし、いいか…。

よんがめをみてそっこーはじめちゃったので、公式HPとかろくにチェックも
していません。よって操作方法はまったくわからない状態でスタートしてます。
でもこのゲーム、超初心者にもわかりやすい。
なんせ初期クエが「操作方法」ですから。
「視点変更はこれこれこうやるんじゃぞ」
「地面をクリックすると移動できるんじゃぞ」
(↑この人に話しかけるためにすでに移動してると思いますがの…。)
みたいなこといわれて、その説明されたことに対して、私(操作してる人)が
ちゃんと理解できているかどうかをテストされます。
「わしのまわりに生えてる花の色を確かめてきなさい」

このゲームの対象年齢は小学生かもしんない…。
自分がしゃべる形で会話がすすみます。

20061101-02.jpg

たとえ間違ってもすぐ分かる答えばかりです。(そりゃそうか)
で、操作方法を一通り教えてもらう途中で、手紙を取ってきなさい、といわれます。
その手紙がおいてある場所が、高床式の小屋。ミカン箱みたいな木箱がつみ
重ねられていて、そこにジャンプして登っていってとりにいきます。
これがまたむずかしいんだな…。
私はマウスクリックで移動+スペースキーでジャンプしてるんですね。
どうやらこういったクエは十字キー+スペースのほうがやりやすいようです。
(ちなみにこのゲームはゲームパッドにも対応)
何度もずり落ちては登り、5回くらいしてようやく手紙ゲット。
私ってばなんかヘタクソ?w
こういうのはニガテなんだろうなー私。

なんとか操作伝授クエ(?)もおわり、ようやく敵退治に。

牧場にいた少年から「ボクの靴をとりかえしてきて〜」と依頼されます。
やっぱ小学生むきk(ry

ひとまず、すぐちかくにいるウサギを狩ります。

抱擁してるわけではございませんのよ

20061101-03.jpg

敵をクリックしたらびっくり。
今まで鳥のさえずりや風の音しか聞こえてこなかったのに、
いきなり戦闘音楽が流れます。
「わるものをやっつけるんだぞぉー!」といわんばかりのカワイイ曲。
思わず吹き出しちゃいましたわ。カンペキほのぼの系だ。w

うさぎをアップでみてみると………?
ルバット「あのぅ…いぢめないでくれませんか」

20061101-04.jpg

超困った顔してるんですけど…。
しかも頭の上にリンゴのっかっていて、ナタ(包丁)ぶっささってるし。
結構シュール。

通常攻撃でウサギに対抗してたんですが、なんとまぁ互角ときたもんだ。
おかげさまで一匹退治する頃には瀕死状態。こりゃヤバイ。

ようやく退治して、もうこっちも虫の息なもんですから、Xキーを押して
すわって回復。
ほのぼの。

20061101-05.jpg

超かわいいデス。
癒されます。
こういうゲームは初めてなもんだからなにをするにも萌え萌え状態。
走るときのもつれてたおれちゃいそうな変な足取りといい、小首をかしげる
ような動作といい。かわいすぎ。

つぎに、他の敵も狩ってみようと思ってうろうろしてたら
由奈「ちきん…」

20061101-06.jpg

サングラスチキンですか。
やっぱり対象年齢は小学生ですかね…。
今はこのチキンと同じレベルってことか私は…。

うろうろしてたらA3にいたマキさんがこっちにくることになりました。
合流してとりあえず記念撮影。(なんとなく)
後ろの蜘蛛の巣みたいなのが気になる。

20061101-07.jpg

マキさんは私よりもカワイイキャラで来ました。
私が男のこで、マキさん女のこみたいです。うぅーん。

ちなみに↑のSS、なぜ私は地面に座ってるのかっていうと、もちろん
私の操作がヘタクソでベンチの上に乗っかることができなかったからです。
マキさんのほうがやっぱりこういうのうまいんだ。ちぇー。

今日はとりあえず様子見ってかんじでやったので、Lv3で終わり。

最後に狩った敵。
動物虐待?

20061101-08.jpg

わんこです。
わんこも悪者のこのゲーム。
この先何がでてくるんだか。
Secret Online | comments (10) | trackbacks (1) | edit

A3の思い出〜その2:白髪嬢との出会い編

その1の補足。
このA3を始めたキッカケはネットカフェで配っていたプレミアムチケット?
とかいうやつです。18禁ゲームってことで、このチケットもらうときに身分証が
必要だったのがちょっとビックリでした。
ってことで、私、もっさり、kimkimは2次組デス。w

◆A3の思い出〜その2:白髪嬢との出会い編。

基本、私はもっさりがログインしてるときしかA3はやってませんでした。
おつきあいでやってたかんじ。でも、少しずつ「知り合い」が増えてくわけで。
kimkimがまたすごいんです。誰とでも基本フレンドリー。
わたしともっさりをおいて突っ走ってくkimkim。(そんなでもないかw)
あっというまにDREAMs騎士団の人たちと仲良くなり、いつのまにかその
騎士団に入っていました。w
フリーだった私たちはそのまままったりプレイ。
そんなときいつももっさりに良くしてくれる人がいました。
それがsurfさんでした。お下がり装備をいつももっさりに格安で譲って
くれていた気がするです。そんなご縁でよく狩りするようになりました。
surfさんのサブと。<もちろんメインだとレベル違うから狩り場も違うワケでw

当時、surfさんはあまちゅ(SweetKiss)に入りたてだったようで。
でもいつかは自分の騎士団を作るんだ〜って話してました。
そしていつかその騎士団を作ったときは入るね、という約束をしたのでしたー。

とある日、kimkimと一緒にPTをすることになったのですが、すでにkimkim
他の人とPT中。私ともっさりが合流する形になりました。

その中で、ひときわ名前が輝いて(?)る人がいました。



その名も「鼻毛がしらが」(聖騎士)

インパクトが強いです。最強です。
もっさり食品ってのもインパクト強いんだけどこの人にはかなわね〜と。
このPTすごい異色な感じがしましたねぇ。w
鼻毛さんはホントにユーモアある人で、おもしろい人です。
名は体を表すと申しましょうか…。<え、そうなの?
結構おもしろいことを言うんですけど基本的にいぢられキャラでした。
ことある毎に「;;(泣き)」を連発してました。それが余計にいじられる
所以だった気がするですね。とにかくこの人とPTしてると飽きませんでした。w

だいたいいつもこんなかんじのPTで狩りをするようになり。
ある日鼻毛さんが「由奈ちゃんうちの騎士団おいでよ〜」と言ってきました。
どうやら鼻毛さんが騎士団長と一緒にたちあげた騎士団のようで、わいわい
楽しくやってる模様。

しかし、私はsurfさんとの約束があったので「期間限定になるかもしれない
けど、それでもいい?」という話を条件としてだしました。
それでもいいよ〜という快い返事をもらえたので、じゃあ遊びにいくか!と
なったわけですが。

ここで問題が。

鼻毛さんは実はテモズ民。私はクァナト民。
テモズ(山)へと移住するには、ロアが1万必要なわけです。
しかしその当時の私はロアは数千しかありませんでした。
1万まではまぁちょっとクエすればなんとかたまるとは思ったのですが
問題は海に戻るためのロアがないこと。
surfさんは約束の「騎士団入団」というのがあったので、「海に戻るロアが
なければ行くな」という話になったりもして、なかなか話がうまく進みませんでした。

ロアが足りないことを鼻毛さんに相談していたら、鼻毛さんが騎士団の団長さんに
その話をしてくれたようで、なんと騎士団のみんなが協力するのでロア貯めよう!
という話になったのでした。

それがLove白髪嬢との出会いでした。

Love白髪嬢の騎士団長「たみちゅ嬢」さんとそのとき初めてお会いして。
挨拶もそこそこにすぐランデル1Fにこもることにww

当時はメモラクエと呼ばれる、ロアを稼ぐにはとっても好都合なクエストがあって
(その当時は上限がLv155とかだったっけ?Lv100じゃなかったのね)
ロアが足りない人たちはみーんなそのクエを延々と繰り返すのです。
続きもののクエストなので2回目移行はうまく放棄して。
ずーーーーっとランデル1Fにいるダークメモラを倒しまくります。

Love白髪嬢のみんながランデル1Fにて、ダークメモラをかき集めてきてくれて、
んで、私が転送から飛んでは炎で焼きまくる。倒したらそっこー帰還してまた
転送で飛んで集まってるメモラを焼き焼き。

一人でやっていたら大変な作業ですが、これをみんなが協力してくれたおかげで
数時間で目的のロアがたまりました。
ホントに、入団する前からこのLove白髪嬢のみんなのあったかさを感じた、
今思い返してもとっても思い出深い出来事でした。
今でも、初めて入った騎士団がLove白髪嬢でよかった!って思ってるくらい。

そんなこんなでみんなの協力もあって、ようやくLove白髪嬢に入団することになりました。

その3へ続く。
A3 > Others | comments (0) | trackbacks (0) | edit
Search
  • Search Keyword :
Calendar
<< August 2010 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
New Entries
Categories
Recent Comments
Archives
Profile
Game List
Other