Yuna's Tedious Talk

日々思ったことをつらつらと書いてます。


あれから一年。

友達のにゃんこが大往生だったのだけど、
亡くなってからもう一年経つんだなぁとしみじみ。
あっという間だね。
こう考えると、やっぱり人間やその他の生き物が過ごしている時間
っていうのは、ひろ〜い宇宙で考えたらホントに、瞬きしたような
そんな短い一瞬なんだろうなぁって思ったりもしました。

でもやっぱ、そんな短い一瞬の中で大切にしてきたモノっていうのは
いつまでも消えないモノ何じゃないかな、って思ってます。
やっぱり、忘れないで居ることが一番かなって。

くさーいセリフに聞こえちゃうかもだけど、やっぱりその人が覚えて
いれば、その人の心の中で生き続けるものなんだよね。

私にもそういう存在は今でもいます。
これからもきっと、ずっと心の中で生き続けて行くんだろうな。
comments (0) | trackbacks (0) | edit

posted by 由奈



ウィルちゃんへの気持ち。

今年も、ごく自然に、当たり前のようにやってきた5/28。
ウィルちゃんの命日。
最近では、少しは落ち着けるようになってきたけれども、
思い出すだけでやっぱりまだツライかなぁ。

うちには沢山猫がいるんだけれども、どうしてだか、ウィルちゃんだけは
ワタシの中で特別だったみたいですね。

いまでも、ウィルちゃんの写真は大事にとってあります。
HDDにも、CD-Rにも、両方保存。これでどっちかが壊れてもだいじぶ。w

輪廻転生とかって、本当にあるかどうかはわからないんだけど、
ウィルちゃんは今頃天国で楽しく過ごしているか、
新しい生命としてまたこの世に誕生しているか・・・。
どちらか分からないし、まったく別の世界にいるかもしれないけど、
それでもウィルちゃんが変わらずシアワセで居てくれるといいなぁ
と思う今日この頃です。

ウィルのことを思い出すと同時にやっぱり、
同じく消えていった小さな命のことや、
もちろん長い時間を一緒に過ごしてきた他の猫たちのことも思い出します。

うちで一番の古株であるちゃーちゃんがきてから今年で16年か・・・。
その間に本当に沢山の猫に出会い、別れてきました。
大往生だった猫もいたし、まだ5歳くらいで死んじゃった猫もいた。
私の母が、近所でいじめられていた野良猫を全部引き取り始めたことから
始まった大所帯だけども(笑)、なかなかに楽しい毎日を送っています。
私は猫アレルギーで喘息持ちなんだけどね。オホホホ(−ω−)
猫たちには手を焼くこともあるけれども、とても救われていることが
あることも事実。気分が沈んでいるときに膝の上にのっかってきて
足をふみふみ(おっぱいすうときに子猫がよくやるアレの名残w)
されると元気になるもんです(笑)。

なんかウィルちゃんの話から少しずつズレてきたわね・・・。

私が出来ること、しなくちゃならないこと、それをシッカリやっていきたいな。
この子たちのために。
comments (0) | trackbacks (0) | edit

posted by 由奈



猫のひきつけ

猫を飼ってらっしゃる方で、猫の引きつけにビックリしたことはありませんか?

健康そのもので、引きつけなんて起こしたことないよ〜って
場合は、とてもシアワセなことだなぁと思います。

ウチのにゃんこファミリー(全8匹)のうち、一番古株の
猫(家族の中で一番かわいがられている一匹)は、引きつけを
よく起こします。



昔は年に1度か2度あるくらいだったのに、最近は2ヶ月に1度は
引きつけを起こしてる気がします・・・。

以前獣医さんに聞いたとき、避妊手術をする際にした麻酔が
脳の方に言ってしまったのではないか、と言うことを聞きました。
脳の障害っていうわけではないのでしょうけれども、
脳神経に影響がでているのでしょうか。

ひきつけを起こしているとき、私たちは、ただ
体をそっとさすったりすることくらいしかできません。
ひきつけが治まった後は、すごく息が荒くなっているので
抱っこして、落ち着くまでずっと体をさすります。

ただ、ウチの猫に限ってなのかはわからないのですが、
引きつけを起こした後は、びっくりするほどご飯をよく食べます。
もともと食の細い子で、ごはんを上げてもちょびっとずつしか
食べないのに、そのときばかりはガツガツ、ほんとに
鼻をふんがふんがならしながらすごい勢いで食べます。
・・・なんでだろね^^;

発作によって体力を使うからでは?と家族の間では
話してますが、原因はよく分かりません。

今日も、引きつけを起こしました。
そして、落ち着いた1時間後、がっつんがっつん食べまくっております。

実はここ数日すごぐ元気がなかったのですが、なぜか
その引きつけによって、元気になりました。
ご飯を食べまくったからなのかしら・・・。

引きつけ自体はとても不安な症状なのですが、それによって
ご飯も食べてくれて元気が出たことには、複雑ながらも
安心してしまう私がいました。

ちなみにその避妊手術をしてくれた獣医さんのとこには今は行っていません。( ̄ω ̄)
comments (2) | trackbacks (0) | edit

posted by 由奈