Yuna's Tedious Talk

日々思ったことをつらつらと書いてます。


レイクサイド

レイクサイドレイクサイド
文藝春秋
東野 圭吾 (著)


東野圭吾の本を、以前まとめて買ったのでそれをたまに読んでます。
今回は中学受験のための合宿中に起こったサスペンス・ミステリーです。
この本読んでて、途中気持ち悪くなっちゃった…。[:イタタ:]
それくらい、生々しい描写が数カ所あります。
実際に起こりそうな出来事だからこそ、ちょっとコワイ感じもしますね。

親が子に対する想いと、子供が親に対する想い。
血はつながっていなくても、子供は親にすがるところがあるんじゃ
ないかなと思ってしまった一冊でした。

所々しっかりとヒントがあるので予想しやすいです。
ちょっと暗い感じはしたけど、でもおもしろい一冊でした。
東野圭吾の本は全体的に読みやすいネ。
comments (4) | trackbacks (0) | edit

posted by 由奈



探偵倶楽部

探偵倶楽部
探偵倶楽部
東野 圭吾 (著)
角川書店

やっぱり東野圭吾でもなんでも、私はミステリー系が好きみたいです。w
そしてどっちかっていうと短編集のようにすぐ解決するものがイイ。
電車で読むからなんだけども、なんていうか長い時間同じ物語が続いて
いくよりも、一個一個ぱっと終わっていくヤツの方が読みやすいですね。
シャーロックホームズが好きなのもそういうところがあるからかも。

基本的にお金持ちからしか依頼を受けないという秘密めいたかんじの
「探偵倶楽部」。私情は一切介入しない、一見冷たい感じのする探偵たち
なんですけど、探偵自身のプライベートが全く見えてこない部分も、
事件だけに目を向けられる意味では良い筋書きなのかもしれないですね。
個人的に犯人を推理しようにも解決直前になるまでピンとこないところが
いくつかあるので結構難しいところがあるかもしれません…。

総合評価
★★★☆☆
ってかんじかなぁ。結構楽しめたとは思います。
comments (0) | trackbacks (0) | edit

posted by 由奈



フェイク

フェイク
フェイク
角川書店
楡 周平 (著)

二週間くらい前に読み終わってたのですが…。
帯のセリフに惹かれて買ってみたものの、想像と違った内容でした。
もっと推理バトル(バトルってなんだ…)が繰り広げられると
思ってたんですが全然そうじゃなかったっす。

とにもかくにも主人公に対してイライラします。<ひどいな私
どこにでもいるような普通の人間としてはとても本にしやすい
感じなんだろうけど…。

でもなんていうんだろな、人間くささが出てるから物語に入りやすい気はします。

銀座のクラブがどんなかんじなのか(までは分からないものの)、
少し遊びに行った雰囲気は味わえるかもしれません。w

展開としてはもっと大どんでん返しがあるものと期待して読んじゃってたので、
「え?もう終わり?」と思ってしまったのは事実。
そういう意味では後半は読ませる展開になっているのかも。

…この本のあらすじは、amazonの紹介文でも読んでください…。w
comments (0) | trackbacks (0) | edit

posted by 由奈