Yuna's Tedious Talk

日々思ったことをつらつらと書いてます。


MASTERキートン

MASTERキートン (1) (ビッグコミックス)
MASTERキートン (1) (ビッグコミックス)
小学館
原作:勝鹿北星
画:浦沢直樹


ロイズの保険調査員(オプ)である平賀・キートン・太一は、オックスフォード大学を卒業した考古学者であると同時に、元SAS(英国特殊空挺部隊・対テロ活動で知られる)のサバイバル教官でもある。フォークランド紛争や在英イラン大使館人質事件ではSAS隊員として活躍したとされる。父は日本人(父・太平は動物学者)、母はイギリス人。オックスフォード大学時代に日本人女性と学生結婚し、一女をもうけたが、離婚。別れた妻は数学者として大学教員を勤めている。本人は考古学の道を進みたいと思っているが、職もままならない。発掘費用のために調査員を続けるが、過去の経歴からいろいろな依頼が舞い込み、数々の危険な目にも遭ってしまう。

冷戦前後の社会情勢、考古学、そして太一をめぐる人々のドラマが絡み合った秀作。

私が高校時代に流行ったマンガで、今でもたまに読み返してしまうくらい、
大好きな作品です。最近ではめっきりマンガは読まなくなってしまったのだけど、
この作品だけは何年経っても飽きないです。すごくおもしろい。
いまでも全巻、大事にとってあります。

久しぶりにネットでこのMASTERキートンという名前を見て、懐かしくなって
しまったので、明日あたりまた読み返しちゃいそう(笑)。

きっとね、ホントにドナウ文明はあるのよ。うん。
comments (0) | trackbacks (0) | edit

posted by 由奈



どーなっちゅ。

Krispy Kreme Doughnuts
Krispy Kreme Doughnuts
2008-02-19.jpg

今更ですが買ってきました〜。
開店当初のあの混雑っぷりをみてちょっとムリだったので、しばらくスルー
してたのですが、少しは落ち着いたかな?って思って会社帰りに新宿のほうに
行ってきました。

やっぱ並んでました。w

未だに人気なんですね…。
とりあえず私は12個入りのやつがほしかったので、すぐ買えました。
(12個入りだけはすでに用意してあるみたいなので、並ばなくておkでした)

お店に入ったら焼きたてのオリジナル・グレーズド・ドーナツを試食できました。
ほかほかで、甘くて、ふわふわしてて、美味しい…。
あったかいほうが断然美味しいです。
でも甘いです(笑)。

そんなかんじで、帰りは箱が傾かないように一生懸命気をつけて帰りました。

みなさまも機会あったら買ってみてネー。12個いりのでかいヤツを。w
comments (2) | trackbacks (0) | edit

posted by 由奈



少し視点を変えるだけで。

会社を移ってから、毎日毎日超多忙で、おかげさまでほぼ日手帳も大活躍。

ほぼ日手帳の日替わりページの下には、いつもちょっとした一言が書かれています。

まず去年の日記でしみじみと、なんとなく心に響く言葉がコレ。

「丈夫なからだがあると、つらいことも苦にならない。
頑丈なからだがあると、負けることが怖くない。
健康なこころがあると、寝て起きるのがたのしみだ。」
<『セフティ・マッチの金の言葉』より>

ミクシでもこの言葉を書いて、自分の心があったかくなったのを今でも
覚えてます。やっぱり身体も心も、健康であることがイチバン♪
身体の健康は結構気を遣うこともあるけれども、心の健康に関しては
ないがしろにしがち。心の健康って絶対身体の健康に影響あるよね。

心の健康に関して、もう一つ心にちくっとささって、これからは気をつけて
みようと思った言葉がコレ。

反対意見を言われて
「私がまちがっているのかもしれない」と思うのは、
「私は正しい」と思いこむのより健康で建設的です。
そこから始めるほうが「私は正しい」と思いこむところから始めるより、
ずっと相手とうまく行くと思う。
<『谷川俊太郎質問箱』より>

自分が信じてきたモノほど、それを反対されたときというのはあまり素直に
その反対意見を受け入れることができないものだと思います。
でも、こういう考え方を心がけるだけでも、自分自身にとってもとても
いいんじゃないかなぁなんて、コレを読んで思いました。
まぁ、あまり反対意見とか言われることは少ないんですけど…。
どっちかっていうと、聞く側の立場が多いからw

でも、なんで「自分自身にとっていい」と思ったかというと、
逆に、「自分が正しい」ということを押しつけられることで嫌な思いを
したことがあるからですね。押しつけられたというより、
自分の考えと違う人を見下す人がいて、ソレを見ているのが嫌だった。
でも、私もそういう所があるのかもしれません。
気になる、というのは、自分の嫌な部分だったりするからです。
もちろん、必ずしもそうとは限らないんですけれども。

意見を出し合っているとき、感情的にならず、一歩引いた状態で、冷静に
物事を見られるような、そんな人になれたら、きっとプライベートも仕事も、
ほどよくうまくいく気がしますね。

最近は仕事の方でホントイッパイイッパイだったから、ちょっとしたことで
イライラしちゃったりすることがあったけれども、何かに対してイライラ
している自分って、冷静になったときに思い返すととっても恥ずかしい。
「なんでこんなことでイライラしてたんだろう、私」って思うこともしばしば。

一呼吸おくだけで、驚くほど落ち着くものです。

…ちょっと、「今日のひとこと」からズレて来ちゃったな…(笑)。
comments (0) | trackbacks (0) | edit

posted by 由奈