Yuna's Tedious Talk

日々思ったことをつらつらと書いてます。


ブログの表示が遅いワケ。

既に少し対応済みなので、以前ほどではないはず、と思うのだけど、
このブログとかゲームブログとかの最初の表示がえらい遅い気がしますね。
サーバーが重いのではなく(他のHPのページなどは普通に表示されるので)、
何か他に原因があるはずだー。と思って色々いじってみたところ…。


使っている絵文字が多すぎる。


ということが判明。
以前登録してあった絵文字数約500。そりゃ多いですね…。
現在は400弱に減らしました。それでも多いですね…。

最初の頃は、strollさんのところのスクリプトを使って、イメージタグを
自動的に挿入するという方法を採っていたのだけれど、一時期配布されて
いたスクリプトが使えなくなるという現象がおき、その後小粋空間さんで
使われている、今では大半の方々が利用しているであろう、変換方式へと
変わっていったのであります。

この変換方式ってのがよくわからないと思うんですけど、うちのブログで
コメントしてもらえばわかるのですが、絵文字を選択すると[:ほにゃらら:]
ってふうに、絵文字の名前がある値で自動的にコメント欄に挿入されると
思います。それがブログ表示時には自動的に画像へと変換されるので
ありますよ。ケロケロリ。

その変換するための動作に時間がかかるため(表示する際にまず変換作業
が入るため)、ちょっと表示が遅くなるわけであります。

一応数は減らしてみたものの、現状まだトップページを開く際には時間が
かかっている感じがするであります。

いっそのこと絵文字はもう全て消してしまおうかとも思っているデス。
同業者のブログみても使ってる人一人もいないしねー…。
しかし、今まで使ってきた絵文字を再変換するのはめんどくさい大変ですネ。
どうしたらよいもんか。

というかそんなことで悩むなよってかんじですね。ハイ。
comments (0) | trackbacks (0) | edit

posted by 由奈



好きな人。嫌いな人。

嫌いな人なんてできなければいいのになーって、思うことがたまにあります。



以前は嫌いな人がいなかったので(not苦手な人)、そんな悩みはなかったわけでありますが、MMOを始めて、生まれて初めてと言って良いくらい、名前も見たくないほど嫌いな人ができちゃったわけです。MMOのせいじゃないとは思うけど^^;


「えー、嫌いな人なんてもっと前からいたでしょーw」

って言われますが、実際苦手だな〜程度で、すごい嫌!ってほどにまでなったことがないわけです。いやいやほんとだってば。

以前も何回かそういう話題をブログに書いてきたけれども、後にも先にも嫌いな人はその数名だけです。きっとこれから先にも嫌いな人はできない…と思う。

というのもその嫌いな人ができてからというもの、そういう「嫌だ」と思っている自分が何よりも嫌いで、「嫌だ」と思ってしまうその感情がとにもかくにも嫌なわけです。(最早意味不明)
なんていうか、そういう感情を持ち合わせている時点ですごい醜いし。私って何でこんな性格になっちゃったんだろうなんて凹むこともアリ。

多分ね、みんなが思ってる嫌いという感情と違うのかもしれない。みんなが「嫌いな人なんて沢山いるよ〜w」っていうその「嫌いな人」は私にとっては嫌いの部類には入らないんだと思う。

私にとっての「嫌いな人」は、私自身を醜い人物に変えてるわけです。その人たちが直接変えてるわけじゃないんだけどね…^^;

そんな自分が嫌だからというのが一番大きいんだけど、それ以来、あまり人との関わりに深入りしなくなったような気がします。だからあまり人とケンカもしなくなったし。(もめ事とかそういうんじゃなくw)


今日、久しぶりにその「名前も見たくない人」の名前がスカイプのチャットで挙がりました。久しぶりに見た結果、やっぱり嫌でしたねー。むかっ腹がたってしまったわけですよ。名前を見てむかっ腹がたったわけではなく、そのチャットで友人から聞いた内容にむかっ腹がたってしまったわけです。「あの人相変わらずなんだな」と。私はやっぱりあの人(厳密には「人たち」)が嫌いなんだなと再認識してしまったわけで。少なからず自己嫌悪に陥ったわけであります。本音を言えば、もう関わらなくなって数年経つわけだから、名前みても話聞いても、嫌な感情なんて風化してしまうだろうって期待してました。
しかしまったくもって無理でした。あはははー。

別にその人のこと恨んでるとかそういうんじゃないからいいんだけど、なんかそういう嫌な感情を持つ自分が再び現れていることに凹みましたさ。

仕事の悩み、対人関係の悩み、色々悩みはあるけれども、どれも自分の気の持ちようで如何様にも解消できるもの。そう考えると、自分のこの醜い感情なんていうのはお子ちゃまなのかもしれませんね…。「気の持ちよう」が適用できてないってことだもんね。もちっとオトナになりたいものです。

…しかしこの手の話題前も同じように書いた気がするですね…。
comments (0) | trackbacks (0) | edit

posted by 由奈



いたばし花火大会に行って参りました♪

いつもながらにへったくそな写真しか撮れません…。
20080802_01.jpg

今年も花火の季節がやって参りました。
毎年T県A市の花火大会へ赴く私ですが、今回はいたばし花火大会へ。

今回は6名の友人とともにはじけてきましたヨー。



メンバー:V氏、A氏、M氏、Vさん、Yさん、Lさん、そして私。
YさんとLさんはお初でした。Yさんはものすごい面倒見がよい方で、今回花火の予約席を取ってくれただけではなく、なんとお酒のおつまみ(というより、夕飯並にボリュームのある食事)を大量に作ってきてくださいました!ありがたい!(おつまみに関してはA氏とLさんもお手伝いしたとのこと。ダレがドレを担当か聞くの忘れちったい。)Lさんはもー純真無垢を絵に描いたような(?)人でとってもかわいらしかったです♪

待ち合わせ時間は16:15、赤羽駅にて。
駅に16:10頃到着した私は、V氏のケータイに連絡するも、出ず。
まだ着いてないのかしら…困ったぬ〜。
M氏に電話してみよう。
「プーップーップーッ」
電話してすぐ話し中(というか切断中の表記)。
まさか着信拒否してるのか!?と思ってしまいました。w
(ただ電波が入らないところにいただけだったらすぃ。)

M氏にもつながらないのでとりあえず北口でウロウロしてると目の前を
でっかいクマさんが通り過ぎてゆきました。
V氏であります。

「コラマテー」

とクマさん捕獲。<ものすごい失礼な言い方だけどご愛嬌ということで!

V氏によるとなんとケータイを忘れてきたとのこと。かなり焦ってる様子。とりあえず待ち合わせにくるのは私の他にM氏とVさん(女性)だけらしいので、両方連絡先を知ってる私は代わりに連絡を取ることに。

M氏もVさんも待ち合わせには間に合わないということで、暑さをしのぐため、駅前にあるコージーコーナーで涼む私たち。涼んでる間にV氏はホテルチェックインのため、一次離脱。

しばらくしてM氏が到着、おしゃべりをしている家にV氏が戻ってきて、その後Vさんが無事到着。これでメンバーは揃いました。(残りのA氏、Yさん、Lさんはすでにおつまみ制作隊としてYさん宅に待機中)

メンバーが揃った後はタクシーでYさん宅近くまで。電話をしながら確認するV氏。話を聞きつつも、運転の手をとめないタクシーの運ちゃん。場所確認してるときは止まってくれYO!というつっこみがあったとかなかったとか…。<ダレから?

ようやく無事におつまみ隊(どんどん短縮していくわね)と合流し、花火大会会場へ。途中まで再びタクシーに乗り、通行止めのところでおろしてもらい、その後は徒歩。

今回私のみ浴衣だったので、なんだか皆さんに気を遣わせまくりでした。ごめんなさいですの。花火大会にはやっぱり浴衣!という気持ちがどうしても抜けなくてwでもでも、全然足痛くならなかったし、歩きも追いつけるように小走りしましたYO!w

会場についたのは18:00頃だったかな…(記憶曖昧)。まだまだ明るいです。とりあえず会場でブルーシートを広げ、おつまみと飲み物を早速配り始めるみなさま。早くも酒盛りムードでございます。

今回V氏はほとんど飲んでなかったですよ。周りのみんなが心配するくらいの低テンションモード。さすがに身体の調子が悪いみたい。ムリは禁物ですね…。ということで、前回のようにむちゃくちゃ焼酎を飲ませるとかいったコトはないのでそこまで修羅場にはならずにすみましたです。前回がすごすぎたんだよな(謎)。

花火が始まったのが19:00すぎ。まだ若干明るいながらもきれいな花火が沢山上がり始めました♪

暗くなってから、そしてクライマックスと、何回かムービーとってみたけど、最後のムービーだけ試しによーつべにあっぷっぷしてみたのでお暇なかたはご覧下さいませ(ケータイで撮ったのでブレとかぼやけてるのとかはごめんなさい)。(A氏へ→幸いあのセリフは聞こえてないっぽいよ、タブンw)



花火中、かなりツボにはまった光景があり、A氏がツッコミを入れるたび、私とLさんが大爆笑という流れが何度か…。もうA氏がソレを言い始めてからというもの、私もLさんもそのコトばかりに目がいってしまって、花火どころじゃなかったという話もあったりなかったり…花火に集中しろ〜!とA氏に言われる始末w

花火はあっという間に終了、その後お客さんがはけるまでおしゃべりを続けていた私達ですが「掃除するんで帰ってくださ〜い」というアナウンスでようやく私達もお片づけ開始(遅っ)。

そういえば、浴衣で帯を締め付けまくっていた私は、せっかくの美味しいおつまみのほとんどを残してしまいました。すみませんすみません。><
いつもならV氏の2倍は食べるんですけど…。(これはホントの話)

帰りは荷物片づけ隊と、お店確保隊に分かれ、二次会へと向かいました。

と、ここで荷物片づけ隊の一人であるM氏は戦線離脱。オールはムリぃ〜。とのことでした。(というより、荷物片づけ隊の流れとしてはオールはムリだねという話になっていた模様)
ここでなぜかV氏は「Rーゼン(M氏の愛称?)、チキン伝説1追加だ!」と若干憤慨しておりました。(ちょっとウソ)

しかし赤羽の商店街のほうにあるお店はどこも24時閉店。駅前の飲み屋は花火大会のお客さんで満員状態。まずは25時閉店のお店をみつけ、そこでのんびり二次会開始。

ここでなぜか小腹がすいた私は(帯のせいで食べれないとか言っていたのにもかかわらずです)、明太子パスタを注文。そしてYさんもホッケを注文。二人で1品ずつ食べることになるだろうと思いきや…意外とみんなお腹に余裕があるらしく、箸でつまみまくっていたのであっというまに空になりました♪おいしかった♪げふー。

閉店時間になったのでお次は和民へ。…あれ?和民だったよね?w

時間はすでに1時を回っておりました。疲れが出ていたでしょう、遠方からいらっさったLさんはおねむモード(実は二次会で既に寝ていて、V氏に眉毛を消されるというイタズラを体験済み。おそろしかー!)。加えて今まで元気だったA氏まで目が半分閉じています。揚げパスタをかじりながら寝てますよ…。(ここでも結構おつまみを頼みまくっていました。みんな私並に食欲旺盛という感じがしました。元気でいいことだ。)

花火のために歩きづめだったのもあり、皆さんオツカレということで、3時頃解散をすることに。始発待ちのVさんはマンガ喫茶で時間をつぶし、Yさんは近所なのでタクシーで帰還。残り3人はホテルへと帰って行きました。

私も一緒にホテルの予約取ろうかと思ったんだけど、浴衣だったのと、髪のセットが結構こまかくて一度取ったらもう大変なことになるだろうということが予想されたのでYさんと同じく、タクシーで帰還致しました。w

かなり疲労感タップリでしたが、とっても楽しい花火大会でした。ここ数週間働いてばかりの週末だったけど、久しぶりに楽しめました♪誘ってくれたV氏、そして用意してくれたYさん、そしてご一緒させていただいた皆様方、本当にありがとうございました♪また来年も良かったら誘ってくださいませ!(≧▽≦)ノ
comments (0) | trackbacks (0) | edit

posted by 由奈